うさぎのブラッシングに超おすすめ!ファーミネーター小動物用のレビューと使い方のコツ

海外ママ×趣味
スポンサーリンク

最近うちの愛兎モナが換毛期に具合が悪くなり、病院に連れて行ったりマッサージをしてあげたりしていたらj徐々に良くなったのですが、換毛期の毛玉症防止のために日頃からもっとブラッシングを徹底しなきゃダメだなーと猛反省。

今まで使っていたブラッシング用ブラシがどれも超微妙だったので、ブラシのアップグレードを決意しました。

「値段は張るがここはやっぱり全てのモフモフ飼いを唸らせると名高い天下のファーミネーターで万全を期す!」

と思いアマゾンを覗いてみたところ、ずっと欲しかったファーミネーターに新しく小動物用が出ていたのを発見!パッケージもうさぎさんです。

¥3,551 (2021/09/21 00:11時点 | Amazon調べ)

即購入して使ってみたところ、取れまくる毛!嫌がらない愛兎!!(当兎比)

今までこんな大量の抜け毛を見過ごしてきたのかと思うとゾッとするくらいモッサリと取れます。

今回はそんなおすすめのファーミネーター小動物用の使用感やメリット・デメリットなどをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

ファーミネーターと今までのブラシとの比較

今まで3種類くらいのブラシを使ってきたのですが、やはりファーミネーターは段違いで毛が取れるし、小動物用はうさぎさん用として優れている点も多いです。

私が1番最初に買ったブラシは、四角いヘッドに金属のブラシ毛がついた、なんか見た目痛そうなうさぎ用ブラシ。

私の友人はこれでブラッシングしていて毛も取れていたと思うのですが、うちのうさぎさんはとにかく嫌がります(痛いのか?)そして私的にはあんまり毛が取れない。。。もっとガシガシやれば取れるのかもしれませんが、こんな針のようなもの、痛そうでできない。。。

二つ目は手袋タイプのイボイボが付いてるタイプのブラシ。

なでなでしながらペットも気持ちよく毛が取れる!という物ですが、気持ちいい程度のなでなででは正直そんなに毛は取れず。

旦那がその手袋でめっちゃガシガシ強引に撫でると毛がごっそり取れるんですが、見ていてかわいそう。私はできない。。

うさぎさんも気持ちいいどころか「ひぃぃ〜!お助け〜!!」みたいな顔するし。

あと手袋についた毛を完璧に取るのが地味に大変です。ブラッシング中も毛が宙に舞います。

ファーミネーターはこれら2つのブラシに比べてブラッシングした時にもっとザクッザクッといった抵抗感があり、中の方のアンダーコートの毛まできちんと取れている手応えがあります。

また、ブラシについた毛を取るのもすごく簡単で、ヘッドの上のボタンを押すだけで絡み付いた毛がスーッと綺麗に取れます。(手でも取れます)

3つ目はアマゾンレビューが比較的良かった価格の安い類似品。

犬用なのでレビューでは犬に使用した感想がほとんどで(当たり前だけど)、うさぎさんに使用した感想は・・・☆2つといったところ。。。でかくてうさぎさんが嫌がるし毛もあまり取れませんでした。

ケチってサイズ合わない安いやつ買うからダヨ!

4つめはファーミネーター犬用(長毛種用)。

おいぃぃ!!また犬用かいぃぃぃ!!

¥3,857 (2021/09/22 00:09時点 | Amazon調べ)

知り合いからもらったのですが、中型犬用でかなり大きめなので、背中くらいしかブラッシング出来ず、それ以前にうさぎさんが秒で逃げるという代物。大きすぎて異物感というか、なんかされてる感が半端ないようです。

ブラシの存在感がすごくて嫌。

同じファーミネータなので毛はものすごく取れて感動もの(背中限定)な
のですが、正しいサイズ選びってかなり重要です。

スポンサーリンク

ファーミネーター小動物用のメリット

ファーミネーター小動物用ならではの良いところをまとめます。

  • ブラシが全体的に小さくうさぎさんが嫌がらない
  • ブラシが小さくて細かい所もブラッシングしやすい
  • ブラシ先端がうさぎさんの毛にちょうどいい長さ

うさぎさんにも色々種類があるので、すべてのうさぎさんに当てはまるわけではないですが、ネザーランドドワーフやロップイヤーなどの平均的な大きさ&毛の長さのうさぎさんにはぜひおすすめしたいです。

ブラシが全体的に小さくてうさぎさんが嫌がらない

ファーミネーター小動物用はブラシ部分の幅が4.1cmでファーミネーターシリーズで一番小さいです。

大きいブラシだとブラシ幅の余剰部分がうさぎさんの体のどこかにゴツゴツ当たったり異物感が結構あったりで嫌がられるのですが、ファーミネーター小動物用はブラシ部分の幅が小さく体の側面をブラッシングする時にブラシが足にゴツゴツぶつかったりしないのでうさぎさんがあまり嫌がらないです。

犬用(幅7.5cm)で逃げられた時とは大違いです。小動物用は小さい分違和感が少ないのか、最初から割とスムーズでした。(当兎比)

ブラシが小さくて細かい所もブラッシングしやすい

ブラシヘッドが小さいので、うさぎさんの脚や脇腹、お尻などの細かい部分やデリケートゾーンが優しくブラッシングしやすいです。

大きいファーミネーターだとブラシの部分が幅広すぎて細かい部分がブラッシングできないのが難点で、もっぱら背中用となっていました。

ブラシ先端がうさぎさんの毛にちょうどいい長さ

ファーミネーター小動物用はヘッドが小さいながらもブラシ部分は長めに出来ているので、平均的なうさぎさんの毛に丁度良い設計となっています。

¥3,551 (2021/09/21 00:11時点 | Amazon調べ)

ただ、額の毛とかは短すぎるんでほとんど取れないですが。

顔の毛は量が少ないからナデナデついでに手でグルーミングしちゃうけどね。

ファジーロップなどの毛の長い子には小型猫長毛種用とかの方が良いかも。幅が5.5cmで小動物用より1.4cm大きいです。

¥3,240 (2021/09/21 00:42時点 | Amazon調べ)

ファーミネーター小動物用のデメリット

体格の大きいうさぎさんには向いていないかも

うちのうさぎさんはロップイヤーの男の子(4歳)で、体重2キロとやや小柄で毛の長さは平均的なうさぎさんの毛並みです。

ファーミネーター小動物用はあくまでも「小動物用」で、フェレットやモルモットなどうさぎ以外の小動物にも対応しているサイズなので、身体の大きなうさぎさんには小さ過ぎるかもしれません。

もちろん毛はごっそり取れると思いますが、大きいうさぎさんは表面積が大きいのでブラッシングに時間がかかってしまうと思います。

なので、猫に近いくらいの大柄なうさぎさんだったら猫用サイズの長毛種用を使った方が効率が良いかも。

猫用には小型猫用と大型猫用があり、小型猫用は小動物用よりプラス1.4cmなので気持ち大き目程度ですが、大型猫用は幅が7.5cmとかなり大きめ。

うちのうさぎさんが逃げ出した中型犬用のブラシと同じくらいの大きさです。

でも小動物用だと小さい分小回りが効くので、うさぎさんのデリケートな脇腹や四肢の周り、カーブのきついお尻等面積が小さかったり凹凸の多い部分はめっちゃブラッシングしやすいです。

うちの子もごはんに夢中になってる間はデリケートゾーンのブラッシングも全く気にしてないです。

なので小動物用はそういった部分専用にして使い分けても良いかも。

換毛期だと小さいヘッドがすぐに毛でいっぱいになる

ファーミネーター小動物用はヘッドが小さい分、抜け毛が多い換毛期のブラッシング時はすぐにブラシが毛でいっぱいになります。

しかし片手ワンタッチボタンで毛がサクッとブラシから落ちるので実際は大して気にならないと思います。

それよりも換毛期のモサモサ取れる毛量に快感を覚えてしまう私( ※´Д`)ハァハァ

使い方のコツ

ファーミネーターは角度が大切

ファーミネーターは言うほど毛が取れない!という人はおそらくブラッシング時の角度に問題があります。

ブラッシングの際はただ撫でつけるのではなく、ブラシ先端が体と平行くらいの状態から始めて、毛をとかしながら画像のように角度をさらにつけて梳くようにとかします。(動画で見たほうが分かりやすいかも)

正しい角度だとブラッシングの際に少し引っ掛かるような抵抗感を感じると思います。

ただしあくまで優しくね!優しくでもモッサリ取れます。

お腹の方やお尻、足をブラッシングする際ブラシを持っていないほうの手で毛を上方に優しく持ち上げるようにかき分けてブラッシングするとやりやすいです。

ブラッシングが嫌いなうさぎさんには工夫を

ファーミネーター小動物用はうさぎさんに超おすすめですが、うちの子みたいにブラッシングがあまり好きではなく直ぐに逃げてしまう子もいるかと思います。

うさぎさんの換毛期の抜け毛を放っておくと、毛繕いの際に毛を飲み込んでしまい、それがお腹に詰まってうっ滞の原因となり、最悪の場合命に関わる事もあります

なのでブラッシングは超大事なのですが、すぐ逃げられてしまう場合はうさぎさんの好物でもあげて食べている隙によく取れるブラシでパパっと効率よく済ませましょう。

うちの子はすりおろしにんじん入りの牧草をあげると10分くらい夢中でがっついているのでその隙にブラッシングします。

ちなみにこの「人参入り牧草」という技は牧草をあまり食べてくれないうさぎさんにおすすめなので、良かったら関連記事から試してみてください。

コメント